ライフェックス 公式note

D2Cブランドのマーケティングプロデュースカンパニー、ライフェックスの公式note。会社のカルチャーや一緒に働く仲間のこと、サービスに対する想い、D2C・マーケティングに関わるお役ち情報を発信します。

チーム ライフェックス

ライフェックスの社員についてのインタビュー記事です。 ライフェックスの魅力をたくさん伝えていきます!

【入社エントリー】ライフェックスの「人」に惹かれて入社しました!入社2ヶ月のリアル!

こんにちは!ライフェックス広報の丸山です。 ライフェックス初のクリエーティブ職として11月に入社した菊池さん。 これまで通販会社や韓国化粧品メーカー、コンサルティング会社でのサポート業務など、幅広い経験をされてライフェックスにジョインしてくれました! 入社してから2ヶ月のリアルや現在のお仕事内容についてお伺いしました! これまでのキャリア/自己紹介ーー入社して約2ヶ月ですが、これまでのキャリアを教えていただけますか? 輸入通販会社に新卒で入社して、ECサイトの運営・カス

スキ
12

【社内イベントレポ】大人のクリスマスプレゼント交換はわくわくがいっぱい!初めてのクリスマス社内イベント

こんにちは!ライフェックス広報の丸山(@yuu3_maru3)です。 12月23日にライフェックス初のクリスマス社内イベントを開催しました! 前回実施したハロウィンイベントが社内からとても好評で、クリスマスもオフィスでやりたいという社内からの声があがりました! それならば、ハロウィンイベントを裏で仕切った準備メンバーでまたクリスマスバージョンやろうではないか!ということで準備がスタートしたのです。 今回はこんな感じでした。 実はハロウィンイベントは、まだまだ感染対策

スキ
18

ライフェックス社員に聞いた! 2021年流行語大賞&今年の漢字

こんにちは!ライフェックス広報の丸山(@yuu3_maru3)です。 今年1年がもうすぐ終わりを迎えようとしていますね! あっという間の1年でしたがライフェックスでの1年も振り返ってみたいなということで、『社内で流行語大賞&今年の漢字』企画を実施しました! アンケート結果はクリスマスイベント当日に発表しました! 流行語大賞ノミネートと発表流行語大賞は10月のキックオフ時で14期が始まる際に決めた全社員の3年後の目標が選ばれました!志が一つになった瞬間。社員の記憶に刻まれ

スキ
8

【社内イベントレポ】気軽にみんなで楽しめるがライフェックス式!初めてのハロウィンイベント

こんにちは!ライフェックス広報の丸山(@yuu3_maru3)です。 先日ライフェックス初のハロウィン社内イベントを開催しました! きっかけは2週間前、、、 「ハロウィンやらないんですか?やりたいです!」社内一のレクリエーション隊長江森さんの一声からはじまりました。 ・緊急事態宣言明けたとはいえ、全員出社してイベントはありなのか? ・直前すぎて用意が大変なのでは? そんな懸念もちらほら。 私自身、ハロウィンを楽しむことは好きだけど、本格的なハロウィン衣装を用意してや

スキ
12

How to CRM

EC通販・D2CにおけるCRMの情報をお届けします。

元事業者PR責任者が語る!ブランドの「ファン化」とは?

こんにちは!CRMチーム・SNS/PR兼任の辰己です! 突然ですがみなさま、質問です。あなたは、何のファンですか? 歌手、俳優、女優、キャラクター、何でも良いです。 (ちなみに私はsamockというグループの大ファン) そして、何で好きなの? と聞かれたらなんと答えますか? きっと、 「かっこいい」「ベースの音が良い」「演技が素敵」 「歌詞が好き」「癒される」etc... こう答えると思います。 もちろんこれはこれで素晴らしい答えです。 ただ、「ファン化」という

スキ
6

CRM/キャンペーンメールを一斉送信しているとLTVが低下する?

こんにちは!ライフェックスCRMチームマネージャーの江森です。 今回は、LTV(ライフタイムバリュー)を長期的に持続させるためのCRM(顧客関係管理)についてお伝えしていきます。 LTVを高めるために企業が取り組むことは数多くありますが、その中でも特にCRMはもっとも注力するべきところです。具体的な方法は、商品を購入した直後のお客様やすでに1,2回の購入経験があるお客様にメール配信などを利用して、お得情報やアンケートなど積極的なコミュニケーションを図っていきます。日ごろか

スキ
8

D2CのCRMをコンビニ接客の当たり前から考えてみた

こんにちは!ライフェックスCRMチームの江森です。 私はいまから15年程前にあるコンビニの店長を経験しました。 今回は今思えばあの時コンビニで実施していたことはD2Cのオンラインストアと共通点があるのではないか?と思いこの記事を書いています。 「いやいや、それは強引すぎるんじゃないですか?」 というところもかもしれませんが、、、、 では、皆様の日常の生活の一部になっているコンビニの接客とD2Cのオンラインストアの世界がどのような共通点があるか? そんな内容をあげて行こう

スキ
25

新規客をリピーターに変え、LTVを再浮上させるD2C必須ツールの秘密とは

こんにちは!ライフェックスCRMチームの 江森です。 「定期商品の解約率を下げたい」 D2Cのクライアント様をご支援させていただいている弊社では特に継続率のご相談を多くいただきます。 クライアント様からは、 「2回目以降の継続率が上がらないので次の企画の予算が組めない」 定期商品の継続率が伸びないまま、新規顧客を獲得し続けると追加で予算を投入していかなければ売上を維持することができません。 このまま継続率が伸びなければ、当然LTVも落ちることになり、ROAS(広告

スキ
90

ベテランママが答える!プレママ&新米ママお悩み相談室

ワーママとして両立しながら働ける環境を探しているプレママや 育児と仕事の両立に悩んでいる新米ワーママのお悩みに リアルな実体験を添えてお答えします!正解はないけど、共感はしてもらえるかも!うまくいったこともいかなかったこともお伝えしていければと思います!

在宅ワーク中、家に子どもがいる!ってどうしてたの?

こんにちは。村田(@mk_kiwako)です! 社内のメンバーから、テレワーク中に子どもが家にいる際にどう仕事するんですか?と質問もらったのでテレワーク×子育てについて考えてみました。 私は5歳の息子と3歳の娘がおり、娘はなんとまだ授乳中なんです。(自分でもびっくり)まだまだ手がかかる子供たちがいる中でどう過ごしてどう感じたのか。少しでも参考になればうれしいです。 仕事中子どもが家にいるメリットとデメリットデメリット ・集中が途切れやすい ・ミーティング中にグズられると会

スキ
8

ワーママ歴10年。私が大事にする10の時短術。

こんにちは!D2Cブランドのマーケティングプロデュースカンパニー、ライフェックスで広報をしています丸山(@yuu3_maru3)です! 現在、9歳(小4👦)と5歳(年中👧)の二人のママでもありもうすぐワーママ歴も10年になります。 会社で運営しているライフェックス公式noteに『ベテランママが答える!プレママ&新米ママお悩み相談室』なるマガジンを立ち上げています。 まだ読まれていない方はぜひお読みくださいね! ワーママになり磨かれたスキルはズバリ『時短術』朝は家事に子

スキ
37

妊娠発覚!育休中と復帰後の後悔のない過ごし方とは?

こんにちは!D2Cブランドのマーケティングプロデュースカンパニー、ライフェックス広報の丸山(@yuu3_maru3)です。 前回の初めてのnoteでは私のワーママ人生を振り返ってお伝えさせていただきました。 試行錯誤の過程が知れて良かったとかこれから起こることの予備知識になったなどと嬉しい言葉もいただけて、少しでも『働きそして子育てすること』が自然な選択肢で溢れていて居心地の良いものになったらな〜と思いました! 今後もこちらのマガジンに記事を頑張って書いていきたいと思い

スキ
29

ワーママになるための心構えと準備

 はじめまして!ライフェックス村田です。 ライフェックスでは、有子率が70%を超えるなか今期から私と広報の丸山さんの2人のワーママでマガジンを担当します! 仕事×家事×育児をどう考えて、日々過ごしているのかなどリアルな話をお伝えできたらと考えています。 人と比べない。自分のことは自分で決める!私の考えから先にお伝えすると、決断の時には 誰と比べなくても良い。今のタイミングで自分がどうしたいのかで行動することが大事だと考えています。  私は2人の子どもがいますが産む環境

スキ
22

<200社支援実績から語る>コールセンターのイロハニホ

EC・D2Cブランドを運営する際、お客様と直接やりとりをする唯一の接点がコールセンターです。このマガジンでは16年間コールセンター業界に関わり、約200社の通販事業、D2C事業のコールセンターを立ち上げ、運用してきたライフェックス高井が、コールセンターのノウハウや考え方を惜しみなくお教えします! コールセンターの立ち上げや現状のコールセンターに課題を感じられている方にぜひおすすめです!

D2CのLTVを上げるには!新たなSMoTアプローチという施策の効果を紹介。

リテンションの改善のための今ホットな施策とは通販の定期モデルで販売されている企業様はリテンション改善を行いLTVを上げる、という課題を大なり小なりお持ちではないでしょうか。CRMの改善施策も様々行っておられると思います。 そんなCRM施策の中で現在弊社サービスの一つであるSMoTアプローチという施策を今回はご紹介したいと思います。 アップセルでも、クロスセルでもない訴求で最大でLTV118%向上し、F6の残存率を12.8%増加させた施策となります。 施策の肝はアウトバウン

スキ
11

誰に聞けば実態が把握できるの?アウトソーシングあるある

今回ご紹介する「アウトソーシングあるある」は実際に私が経験した実話を元にしています。類似の経験をたくさんしてきましたので、「あるある」と書かせていただきました。 私だけでもそれだけ類似の経験をしてきた、ということは、きっと世間にもあふれているのでは?と思い、今回書くことにしました。 これから書くのは、通販事業やD2C事業の化粧品、健康食品の「コールセンター」を題材にしていますが、その業界の方でなくともアウトソーシングする機会や経験はあると思いますので、一読いただければと思

スキ
21

コールセンターのKPI。大切なことと必要なことの違い~200社の運用実績から語る④

もちろんKPIは大切です。今回はコールセンターの成果を計る上で事業者側が設定するKPIについて書こうと思います。KPIを設定してPDCAを回すことが大事だよ!なんてことを今さら書くつもりはありません。 KPIに設定した数値の変動に一喜一憂した、いや、違いますね、ひたすら振り回された経験から、本当に必要なことってなんだろう、という話を書きたいと思います。 当たり前ですが、コールセンターの運営は事業である以上、KGI・KPIを設定し達成に向けて取り組むことは重要ですし、必要で

スキ
11

コールセンターの応答率は設定次第で変動する!KPI絶対王者「応答率」のマジックについて~200社の運用実績から語る③

応答率は変動する!?応答率とは「鳴った電話(以下、「呼」)」のうち、「何件応答できたか」を計るものとしてコールセンターの最重要のKPIとなっています。鳴った呼の数が分母、応答した呼の数が分子となり応答率は算出されます。 100件電話が鳴って、100件応答すれば応答率は100%となります。90件応答すれば、90%となります。誰が計算しても、どのように計算しても同じ率が出てくると絶対的な信頼を寄せている指標だと感じておられる方が多いと思います。 そのKPI絶対王者の応答率は実

スキ
14

【保存版】D2Cブランドの立ち上げ方

【読了特典あり!!】D2Cにおいて制作物とカート選定で注意するべきこと

※読了特典は最後にご案内させていただきます。 前回、Part2でD2Cブランドを立ち上げる際のステップとしてブランディング、OEM選定、事業、資金計画の設計までお伝えいたしました。Part.1とPart.2をまだ読んでない方はそちらをはじめに読んでくださいね。 ここまで来たらいよいよ制作系に着手していくことになります。本記事では、以下のD2C立ち上げの7ステップのうち、Step5以降についてお伝えしていきます。 【Part.5】制作着手①LP制作カートを契約するにはLP

スキ
6

【読了特典あり!!】D2Cにおけるブランディングと事業計画策定

※読了特典は最後にご案内させていただきます。 D2Cの立ち上げ方については7つのステップがあります。 前回は、商品開発の部分を中心に前回お伝えいたしました。まだ読んでいない方はこちらからお読みください。 今回は、Step3以降、ブランディングからお伝えしていきたいと思います。  【STEP3-1】BI構築ブランディングは、ブランドの軸を決める上で非常に重要です。ライフェックスでは、8回のセッションでBI構築における各項目を一緒に決めていきますが、自社で行う場合には、と

スキ
7

【読了特典あり!!】D2Cにおける商品開発とOEM選定で注意するべきこと

※読了特典の詳細は最後に記載させていただいてます。 EC市場の規模が年々拡大し、その中でもD2Cというビジネスモデルが一つのポジションとして確立しつつあります。 D2Cは「Direct to Consumer」の略で消費者に対して商品を直接的に販売する仕組みのことです。従来の販売モデルでは、事業者が販売を卸小売業者に委託する形態のため消費者と事業者の距離が遠く、消費者の声を直接データとして取り溜めたりすることは難しい実情がありました。 しかしD2Cモデルは企画・製造から

スキ
10