ライフェックス 公式note
【入社エントリー】「Salesチームの立上げで大きな挑戦とチャンスがある」そう思える会社に入社しました。
見出し画像

【入社エントリー】「Salesチームの立上げで大きな挑戦とチャンスがある」そう思える会社に入社しました。

ライフェックス 公式note

こんにちは!ライフェックス広報の丸山です。

今回は4月に営業部のチームリーダーとして入社した木村さんにインタビュー!美容系のメディア営業や大手食品メーカーのPR支援、新事業立ち上げなどの経験を経て、ライフェックスのSalesチームの立上げで入社。ライフェックス入社の経緯や、入社後に感じたリアルな想いを伺いました!

Corporate Planning Division Sales team team leader
木村文哉/Fumiya Kimura

大手メーカーに新卒で入社し購買を経験し転職。新規・既存の営業担当として美容業界向けに広告営業を行う。その後PR会社にて大手食品メーカーのPRの支援を行いながら、SNSインフルエンサーを活用した新規事業の立ち上げを担う。2022年4月ライフェックスにSalesチームの立ち上げをミッションにJoin。

これまでのキャリア

−−−新卒入社した大手メーカーから業界の違う会社に転職した理由を教えてください

もともと新卒で入社した会社では、メイド・イン・ジャパンの商品を海外に向けて展開しているところに興味を持ち入社しました。日本製品の良さをもっと海外の人に知っていただけるような仕事をしたいと思いました。
入社した会社は、大きな会社で取り扱う金額が大きく、ダイナミックさはあるものの、すでに海外での認知度も高く、ミスがないように仕事を進めることが重要視されているように感じていました。

同じ業務をミスなく進めるという仕事もとても大事だと思いますが、もっと目まぐるしく移り変わりのある業界で再度チャレンジしたいという想いが芽生えてきたのです。

もともと美容業界にも興味があったこともあり、営業力を磨ける環境で改めてチャレンジしたいと思い転職をしました。

−−−そうだったんですね。未経験から営業へのチャレンジですが、どうでしたか?

営業スキルや物事の考え方など、多くを学ぶことができました。中でも「カスタマー視点」は、今でも大切にしています。
美容院を中心に広告営業をしていましたが、お客様が今どんな状況であるかを意識してきました。
営業する時間帯にしても、美容師さんは朝は早くて眠いし、昼は忙しい。夜は疲れている。そのため、相手の仕事量をどれだけ理解して、それに対する言葉遣いや仕事に配慮したスケジューリングなどを深く考えられているかが肝で、そういう「カスタマー視点」での営業が重要であることがわかりました。

−−−営業を学び経験したあと、PR会社に転職したのは何か気持ちの変化があったのでしょうか?

企画・提案力を身に着けていきたいと思いました。
2社目の会社では媒体力があり、知名度もある。そのため、提案するというよりかは、ヒアリングして丁寧に説明をするという営業スタイルでした。営業として結果を残してきましたが、一方で、企画力はまだまだだなと感じていました。
転職先(PR会社)では、媒体がないので、提案力が重要視される環境で自身の営業力をどれだけ活かせるのか、挑戦したいと思ってきたのです。

前職での取り組みが評価され、SNSのインフルエンサーを活用した新規事業の立上げも任せてもらいました。
提案内容からインフルエンサーを探しアプローチをしていく。一から立ち上げて形にすることの大変さと面白さに気づくことができました。
一方で面白そうだなと思う反面、人数も限られ、立ち上げの経験もない中だったので、ゼロから事業を立ち上げて売り上げを構築していかないといけない、という責任やプレッシャーを感じましたね(笑)

ライフェックスに入社した理由

入社して早々のキックオフにて挨拶

−−−ライフェックスに応募しようと思ったきっかけは?

活動当初、あまり転職は考えていませんでしたが、求人媒体からオファーをいただいたのがきっかけでした。セールスチームを新しく立ち上げるという内容をみて、ゼロから事業を立ち上げる苦しさを知っている分、少し尻込みしました(笑)でも、そこを自分たちで作っていく面白さも知っていたので、まずは話を聞いてみたいなと思いました。

−−−そうだったんですね。最初のカジュアル面談はどうでしたか?

私の考えやキャリア、やりたいことを聞いてくれて、今の会社がどういうフェーズで、今後どうしていきたいかを丁寧に伝えてくれたのが印象的でした。あまり「人」で決めるのはよくないと思っていたのですが、こんな風に人をちゃんと見てくれている会社は魅力的に感じたのを覚えています。
カジュアル面談のあとに「セールスチームを立ち上げる」というキャリアにチャレンジしたいという想いがあり、選考に進むことに決めました。

ライフェックスでは面接後の「フィードバック面談」がありました。面談は他の企業にはないもので、採用に熱心であることと、丁寧な対応がとても印象的でした。

−−−最初は迷っていたところ、ライフェックスに入社を決めたタイミングについて教えてください

最終面接で、社長の工藤さんが会社の話でなく「自分が(木村さんが)この会社でどう成長するのか」ということを見据えてお話をしてくれて嬉しく感じました。この人のもとで、私は貢献していきたいと思いました。

人で選ぶのはあまりよくないと思いつつ、「人」=「社風」だと思っているので、「この人たちとなら一緒に働いていきたい」「会社を大きくしていきたい」と思ったのが理由です。売り上げや数字だけでを評価し、見られるのではなく、自分の将来を見てくれている人のもとで働きたいと思いました。

事業の立ち上げって一人ではできなくて、周りの支えがあるからこそできるものだと思っています。1人に全て任せます、という投げやりな感じではなく、会社としてもそこに課題感をしっかり感じて、向き合っているというのが伝わってきました。

入社後の気づき、実際に営業をしてみて

入社日のウェルカムランチ

−−−入社後のギャップや、実際に営業をしてみてどうですか?

入社後のギャップはあまりなかったです。
今は手探りではありますが、仕事をしていく中の課題や問題解決に全社的に応援してくれるのを感じています。

例えば営業する中でまだ知識が不足している場合に、忙しい中で時間を割いて同席してもらえたり、レクチャーしていただいたり、そういうところはありがたいと思っています。
売上げが少ないという課題に対して、他責にせず同じ目線に立って考えてもらえるのはとても嬉しく、仕事もしやすく感じています。

入社して一番印象に残っているエピソード

−−−入社してから何か印象に残っているエピソードはありますか?

入社したときに、メッセージカードをもらったのが印象に残ってます。今までの企業では経験がなかったことで、とても暖かい気持ちになりました。
手作り感のあるメッセージカードに、手書きのメッセージをもらえたところに、人となりやライフェックスらしさをさらに感じる部分でした。

−−−そう言っていただけると嬉しいですね(笑)

やはり少人数の組織だと、一人ひとりの働きがとても重要で、みんなが全力で走れる環境を作ることは大切だと思っています。ちょっとしたことですが、こういう手書きのメッセージとかをもらえると、より一層頑張りたいなと思えますね。

これからライフェックスで何をするのか

5月入社の田中さんと2名体制でSales Div.立ち上げに挑みます

−−−これからSales(営業)として、何をしていきたいですか?

セールスの売上拡大に貢献していきたいです。そのためにはニーズを聞き、提案し、お客様もそれを手の取るユーザーがハッピーでワクワクする体験を伝えていきたいですね。結果的には弊社の売上につながると信じていますので、新規での開拓をしてライフェックスをいろんな人に知ってもらうことをまずはやっていきます!

どんな人がライフェックスに合っているか

−−−最後に、どんな人がライフェックスに合ってると思いますか?

まず1つはすべての矢印の方向を、自分に向けれる人かなと思います。何ごとも他責(環境や他人のせい)にしないで、自責で捉えることが大切だと思っています。

2つ目は自律的に行動ができる人。指示待ちではなく、1週間・1ヶ月先を見越した上で仕事ができるといいと思います。

3つは、仲間思いの人。チームとして、相手のことを考えられるか。この3つが少しでも当てはまる人は、ライフェックスに合っているんじゃないかと思います!

ライフェックスを一緒に大きくしていきたいので、少しでも興味がある方はお話しをしていきたいです。

−−−木村さん、ありがとうございました!


この記事が参加している募集

オープン社内報

社員紹介

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!

最後までお読みいただきありがとうございます^^ 弊社についてご興味ある方はホームページもぜひご覧いただければ嬉しいです。

スキありがとうございます!フォロもしてくれると嬉しいです♡
ライフェックス 公式note
D2Cブランドのマーケティングプロデュースカンパニー、ライフェックスの公式note。会社のカルチャーや一緒に働く仲間のこと、サービスに対する想い、D2C・マーケティングに関わるお役ち情報を発信します。